仮想通貨に今、参入しないのは大きな機会損失!

最近はビットコインが注目されていて、人気爆発状態なのは、価格の上昇が原因である。

仮想通貨も金融の発展形態にした場合、消費者のためになるということならどんどん進めるべきである。

ただ、消費者保護の観点が大切である。

日本では経済に銀行制度が大きく根付いており、今はすぐに銀行制度から完全に離れて金融の発展はないだろう。

今、存在する銀行の新業務という視点も入れて、暗号通貨が現れたことにより世界が変わることは間違いない。

仮想通貨市場の伸びを支えているブロックチェーン(決済取引の元帳となる分散データベース)のシステムも技術的に課題をもつ。

ブロックチェーンにおいては、参加者で取引を確認、そして取引履歴をブロック化して組む仕様となっている。

ビットコインならば約10分、暗号通貨の一つであるリップルはほとんど即時といわれる。

この参加者が取引を確認するという部分に問題がある。

例を挙げれば送金のような銀行などの取引の内容を外部の人間に見える可能性がある。

仮想通貨取引所でのトラブルは減少傾向にはあるが今でもあり、国内(日本の損害保険会社は「仮想通貨」保険を販売までしている。

消費者を保護するという視点からも、相場が乱高下することにより消費者への被害が懸念されている。

異常事態時にはオーダー(取引)が一気に減少する。

つまり多大な損失が発生する可能性がある。

このような問題は、次々と改善されてくだろう。

そして、仮想通貨が世界を変える日は、そう遠くない将来、現実にやってくるのは間違いないと考える!

仮想通貨(暗号通貨)初心者の為のページ!取引所の解説もわかりやすくておすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です