読書は、小さい頃から好きだったのですが、この何年かは推理小説だけを愛読しています。

まず、最初に手に取ったのは、綾辻行人さんの「館」シリーズですね。

こちらは、新本格と言われるジャンルを作り出した一人ですね、確か。

こちらの「館」シリーズは何人もの被害者も出てくるという、どちらかといえば読み進め難い本になるかもしれませんが、

とにかくひたすら読み続けました。さらに次は有栖川有栖さんの「月光ゲーム」を手に取りました。

こちらもやはり読み進め難いと感じるかもしれないハードな展開だったりしますが、それでもはまって読み進めました。
続きを読む